まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

年末調整などの寡婦控除とは?寡婦と特別の寡婦の違いは?

   

年末調整で寡婦と特別の寡婦の違いは?
年末調整で控除が多ければ、
たくさん税金が戻ってきます。

シングルマザー(母子家庭)の方は、
寡婦控除に該当すれば控除を受けられます。

そんな、あまり聞き慣れない寡婦控除について
説明していきます。

参考にしてください。

 

年末調整や確定申告での寡婦控除って何?

まず寡婦は「かふ」と読みます。

シンブルマザー、母子家庭の方に
所得税の優遇が受けられる制度です。

年末調整などで寡婦に該当すれば
寡婦控除が受けられるので
給料から天引きされた
税金が多く戻ってくるかもしれません。

いくつかの条件があるので、
それを説明していきます。

その年の12月31日の現況

まず、いつの時点のことで判定するのかは
その年の12月31日で判断します。

なので、例えば、
その年の12月に再婚した場合には
11ヶ月間は母子家庭だったとしても
寡婦控除を受けることはできません。

シングルになるのに
離婚した場合と死別した場合があり
条件が少し違ってきます。

夫と離婚した場合

夫と離婚し
12月31日の時点で再婚していない場合

親や兄弟など扶養してる親族や
生計を一にする子がいる場合なら
寡婦控除に該当します。

103万円以上給料をもらっている場合には
扶養親族や生計を一にする子の条件に含まれません。

「生計を一にする」は
一緒に住んでる場合や
学生で一人暮らしで仕送りをしてる場合です。

母子家庭で、子供が就職したりして
扶養から外れると寡婦控除に該当しなくなります。

夫と死別した場合

死別の場合は、
離婚の場合より条件が少しゆるいです。

夫と死別した後、
12月31日の時点で再婚していない場合

合計所得金額が500万円以下なら
扶養家族などがいなくても該当します。

なので、
子は独り立ちしてて扶養親族もおらず
夫を亡くしたお婆さんも
寡婦に該当しますよ。

500万円を超えている場合には
扶養親族や生計を一にする子がいる場合なら
寡婦控除に該当します。

合計所得金額については
説明が長くなるので割愛します。

給与しかもらっていなければ、
給与所得控除後の金額が合計所得金額になるので
だいたい給料の総額が680万円以下なら
合計所得金額が500万円以下に該当しますよ。

寡婦と特別の寡婦の違いは

寡婦の方で更に条件に該当するときは
特別の寡婦となり
控除できる金額が多くなります。

寡婦に該当する人で
・扶養親族である子がいる人
・合計所得金額が500万円以下であること。

つまり、
シングルマザー、母子家庭の人は
特別の寡婦に該当することが多いです。

ただし、似たような状況でも
まったく控除が受けられない場合もあります。

未婚のシングルマザーは寡婦控除ある?

結婚せずに子供を産んだ場合は
残念ですが該当しません。

夫と離婚または死別した場合と
法律で決まっているからです。

国の税金の所得税は
法律が変わらない限りダメですが

自治体によっては
未婚のシングルマザーでも
寡婦控除が受けられる場合もあります。

その場合は住民税が少なくなりますよ。

寡婦や特別の寡婦の控除はどのくらい得?

所得税で
寡婦控除は27万円
特別の寡婦控除は35万円です。

所得税は所得によって税率が変わるので
税率によって得する額もかわります。

所得税の税率が10%なら
寡婦控除の27万円の10%の2万7千円

特別の寡婦控除は35万円の10%の
3万5千円も税金が安くなリます。

税率が5%なら半分になります。

住民税では
寡婦控除は26万円
特定の寡婦控除は30万円

住民税の所得割が10%なので
寡婦控除なら2万6千円
特定の寡婦控除なら3万円
住民税が安くなりますよ。

所得税と住民税の両方で考えれば
かなり得する感じですね。

まとめ

夫と死別や離婚した場合に
条件によりますが
寡婦控除もしくは特別の寡婦控除があります。

所得税と住民税が控除で少なくなるので
忘れずに申告しましょうね。

 - 税金 , ,

  関連記事

error: Content is protected !!