まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

喪中の方にLINEであけおめはどうする?LINEグループでは?

   

喪中の方にLINEであけおめはどうする?LINEグループでは?
ちょっと前は、新年の挨拶をメールでする
「あけおめメール」
が多かったのです。

ですが、スマホが流行りだしてからは、
「あけおめLINE」
が多くなりました。

けど、喪中の方にはどうなんでしょうか?
参考にしてください。

 

喪中の方に明けましておめでとうはダメ?

LINEは非常にお手軽なので、
ついつい気にせずに送っちゃいます。

ですが、
受け取る側が気にするかもしれないので

「明けましておめでとうございます。」
とか
もっと軽い感じでの
「あけおめ」

さらにはラインスタンプも
出来れば送らない方がいいかもしれません。

気にしすぎかもしれませんが、
送ってしまってからでは
相手が不快に思ってしまうと
どうしようもならないので……。

LINEグループに喪中の人がいる場合には?

LINEグループは複数の人が受け取るので
直接送られるよりは
不快に思う可能性は低いかもしれません。

グループの人数が3人しかいない場合と
10人以上いる場合でも印象が違いますよね。

相手が気にするかなと思って
ネットで検索したのであれば
送らずにおけばいいですよ。

あえてすぐ送らずに
相手や他のLINEグループの方が
どう送ってくるか出方を伺うのも手ですよ。

喪中の方がいる場合にLINEでの新年の挨拶の言葉は?

おめでとうのお祝いの言葉を控えた方がいいので、

「明けましておめでとうございます。」

「あけおめ」
は使わない方がいいでしょう。

それ以外は大丈夫なので、
「今年もよろしく」
みたいな感じがいいですよ。

少しボリュームがあった方が良いなら

「昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。」

みたいな感じはいかがでしょうか。

まとめ

迷ったのなら
今年もよろしくだけにしておけば
大丈夫です。

喪中の方がいるかどうか不明な場合も
今年もよろしくだけなら
間違いがないですよ。

 - 生活 ,

  関連記事

error: Content is protected !!