まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

さつまいもの保存方法は?冷蔵庫に入れる?冷凍保存は?

   

さつまいもの保存方法は?
秋の味覚として、
代表的な食材の1つであるサツマイモ。

最近では様々なところで
焼き芋が売ってたりと人気の食材ですよね。

けど、たくさん買ったりもらったりすると、
使い切るのは難しいですよね。

そんなサツマイモの保存方法についてです。

参考にしてください。

 

さつまいもの保存方法はどうする?

さつまいもの保存には
・土から掘ったもの
・スーパーなどで買ったもの
で、違ってきます。

畑から獲ったサツマイモの保存方法は?

まず重要な事は、
土を洗って落とさないことです。

水で洗うと腐りやすくなるため
長期での保存が出来なくなってしまいます。

なので、まずは
土を余分な土をとって、
軒下など雨があたらないところに数日干して、
土が乾燥したら手で払い落としてください。

その後は、1個ずつ新聞紙で包んで
段ボールなどに入れて
冷暗所で保存してください。

ポリ袋などで密閉してしまうと
逆に鮮度が落ちるのでご注意を。

温度の目安は15℃前後です。

20℃以上になると発芽してしまうし
5℃以下になると冷害で腐ってしまうので
保存温度にも注意してください。

このようにして常温で保存すれば
1ヶ月~3ヶ月は大丈夫です。

上手に保存できれば3ヶ月以上保存できます。

スーパーで買ったサツマイモの保存方法は?

スーパーで買ったサツマイモは
土を水で落としているのがほとんどです。

その場合には、1週間で傷んでしまうこともあります。

なので、なるべく早く使った方がいいですよ。

さつま芋は冷蔵庫に入れた方がいい?

基本的には常温保存で、
冷蔵庫には入れない方がいいです。

冷蔵庫の野菜室の温度が約6℃なので、
寒さに弱いさつま芋の保存温度としては
冷蔵庫の野菜室でも低いからです。

腐らなかったとしても
低温で甘みが減ってしまいます。

せっかくの甘いさつま芋なので、
甘みが減るのはもったいないので
さつま芋に合った保存をしてくださいね。

さつまいもの冷凍庫での保存方法は?

調理で切っちゃったりしたサツマイモは
冷凍保存しておけばいいので試してみてください。

さつまいもを切る。

まずは使いやすい大きさに切ってください。

調理方法に合わせたサイズに切っておけば、
使うときに時短になり便利です!

さつまいものあく抜きをする。

切った後に10分くらい水にさらし
あく抜きをします。

だんだん水が汚れてきますので
2,3回水を取り替えてください。

あく抜きをすることによって
黒く変色するのを防ぎますよ。

さつまいもを加熱する。

レンジで500Wで5分くらい加熱してください。

切った大きさによって加熱時間が変わりますので、
竹串などを刺して確認しましょう。

保存バッグに入れて冷凍庫へ

加熱したのが冷めたら、

冷凍保存が可能な保存バッグなどに入れて
平らにして冷凍庫に入れてください。

ペースト状に潰してから冷凍保存すると
スイートポテトなどに使いやすいですよ。

冷凍したさつまいもの解凍方法は?

レンジやオーブンで解凍する以外には
前日から冷凍庫から出しておいて
自然解凍でも大丈夫です。

ただし、冷凍保存で気をつけるのは
食べるときには加熱してください。

シチューやお味噌汁などの場合には
解凍せずにそのまま入れても
大丈夫なので、時短料理に最適です。

さつまいもの冷凍保存の賞味期限は?

1ヶ月を目安に使いましょう。

1ヶ月を過ぎてもすぐに腐るってことはないですが
食感や風味が落ちていきますので
できれば早めがいいですよ。

まとめ

上手に保存すれば
さつまいもは長期保存できます。

だけど、買ったものやもらったものは
水で洗ったのかどうかわかりません。

冷凍保存した方がいいかもしれませんね。

 - 食べ物・飲み物 , ,

  関連記事

error: Content is protected !!