まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

インフルエンザの予防接種をする時期は?回数は?効果は?

   

インフルエンザの予防接種の時期は?
冬になると流行するインフルエンザ。

風邪と違って症状が重いので、
インフルエンザには
かからないようにしたいですよね。

なので、予防接種をしようと思っても
時期を誤れば効果が出ないことも…

そんなインフルエンザの予防接種についてです。
参考にしてください。

 

インフルエンザの予防接種をする時期はいつがいい?

予防接種をする時期は、
11月が適正な時期としてる医療機関が多いです。

遅くても12月上旬には終わらせましょう。

その理由は、
インフルエンザの予防接種をしてから
効果が出るまでに1~3週間くらい必要です。

その効果が4ヶ月くらいで徐々に減っていきます。

インフルエンザのピークが1月~3月なので、
そのピークに効果があるようにするのなら
11月がちょうどいいのです。

ちなみに、
流行し始めるのは11月~12月です。

その流行し始める前に免疫をつけたい場合には
10月にした方がいいです。

その場合には3月くらいに効果が切れるので
ピーク終盤は注意が必要ですよ。

ただ、子供や幼児の場合には
ちょっと違ってきます。

それを次の項目でご説明します

インフルエンザの予防接種は何回?

13歳以上は1回ですが、
生後6ヶ月から12歳までは2回です。

小さい子供が2回必要なのは、
1回では充分な免疫が出来ないので
2回してしっかり免疫を作り重症化を防ぐため。

1回目と2回目の間は
2週間~4週間あける必要があり
4週間あけるのが一番効果的ですよ。

なので、
予防接種を2回する場合には
1回目を10月中旬にして
2回目を11月にするのが良いですよ!

13歳以上は2回する必要はない?

1回でも充分効果はありますが
2回した方が高い効果を発揮します。

たとえば、
受験生で大事な受験を控えている。、
仕事が繁忙期でやめない。

と言ったような場合には
2回受けておくのもいいかもしれません。

喘息みたいに気管支に持病がある方は、
インフルエンザで重症化する可能性があるので、
そういった場合にも2回するのもいいかも。

かかりつけのお医者さんがいる場合には、
相談してみましょうね。

インフルエンザの予防接種は効果はある?

効果があるとかないとか意見は様々。

それに、
予防接種を打っても
インフルエンザになる人もいます。

予防接種を打ってなくても
インフルエンザにならない人もいます。

予防の効果としては、
確率が凄い高いわけではないです。

ただ、インフルエンザになった場合での
重症化しないための予防もあるので、
予防接種をする意味はありますよ。

まとめ

インフルエンザの予防接種の時期は
1回なら11月、
2回なら10月と11月が
ピークに時期に効果的です。

ただ、予防接種をしたからと言って
必ずインフルエンザにはならないわけではなく、
なったときの重症化の予防もあります。

また、副作用やアレルギーなどもあるので、
念のため、かかりつけのお医者さんに
確認した方がいいですよ。

 - 健康・美容 , ,

  関連記事

error: Content is protected !!