まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

赤ちゃんの離乳食に梨はいつから?食べ方は?アレルギーは?

      2016/10/23

赤ちゃんの離乳食に梨はいつから?秋になると
シャリシャリな食感で
みずみずしく甘い梨が美味しいですね。

そんな梨を赤ちゃんにも
食べさせてあげたくなりますよね。

独特な食感だからこそ、
赤ちゃんに与えるときには
ちょっと注意が必要です。

そんな離乳食と梨についてです。
参考にしてください。

 

赤ちゃんに梨はいつから大丈夫?

梨は離乳食の初期から大丈夫ですよ。

ただ、いろいろと気をつける点があります。

梨は瑞々しく水分が豊富なので
体を冷やす効果があります。

それにあのシャリシャリ感は
食物繊維の一種が元となっていて
便秘改善の効能があります。

なので、逆に気をつけないと
くだして下痢になってします可能性も…。

梨をあげるときは量を気をつけてくださいね。

梨を離乳食で食べさせる方法は?

梨は食物繊維が豊富で、消化が悪いので、
食べさせるときは気をつけてくださいね。

離乳食の初期や中期はどうする?

初期のころは、
すりおろしたものではなく、
果汁にしましょう。

ただ、最初の1口目は
加熱したものを与えて様子をみてくださいね。

中期のころになったら
梨をすりおろしたもので大丈夫ですよ。

梨は甘いのでどんどん欲しがるかもしれませんが
ちょっとずつ食べさせてください。

離乳食の後期や完了期はどうする?

後期や完了期になれば
梨を薄く切って、
噛みやすいサイズをあげましょう。

スライサーを使うと
同じ厚さで簡単に切れますよ。

のどに詰まらせないように
厚さに注意してくださいね。

手づかみ食べをしてる場合には
梨は汁が多くベタベタになるので
食べ終わったら忘れずに洗ってあげてください。

梨はアレルギーはあるの?

梨アレルギーはあります。

梨を食べた後に
なんだかぐったりしてたり
口の周りが赤くなったり発疹が出たら
梨アレルギーかもしれません。

加熱することによって
アレルギー反応が弱まります。

なので、初めて試すときは
加熱した果汁を少量与えて
30分~1時間くらい様子を見てください。

もしアレルギー反応があったときは
病院にすぐ連れていけるように
診察時間帯に試してくださいね。

まとめ

梨は離乳食の初期から大丈夫ではありますが、
与え方や量など気をつけてください。

食べ過ぎると下しちゃうので、
食後のデザートであげると
いいかもしれませんね。

 - 離乳食 , , ,

  関連記事

error: Content is protected !!