まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

子供や幼児の夏バテの症状は?解消する方法は?

      2016/09/06

子供や幼児の夏バテの症状は?
なんか、子供が元気ないな…。
あまりご飯食べないな…。

それが暑い夏なら
「夏バテ」かもしれませんよ。

けど、子供や幼児だと
なかなか言うことを聞いてくれなくて
大変ですよね。

そんな夏バテについてです。
参考にしてください。

 

幼児の夏バテの症状は?

夏バテの症状といっても色々あります。

特に多い症状は
・熱っぽい
・あまりご飯を食べない(食欲不振)
・吐き気や嘔吐

その他の症状では
・疲労感などで無気力
・イライラしたりと情緒不安定
・下痢や便秘
・立ちくらみやめまい

まだ幼児では、
自分の状態を説明するのも難しいですよね。

「なんかいつもより食べないな…」
とか
「なんか、ぼーっとしてるな…」
など

様子をしっかり見てあげて
小さな異変の気がつけるようにしましょう。

子供や幼児の夏バテの解消方法は?

症状によっても解消方法が違ってきます。
いくつか紹介するので、試してみてくださいね。

しっかり睡眠を取り、体を休める。

まずはしっかり寝るのが大切です。

夜中も暑く寝苦しくて、しっかり眠れないのなら
エアコンをつけたままにしてといいですよ。

どうしても日が登ってくると暑くなります。

タイマーをかけて消えるようにしちゃうと
明け方に暑くなってしまいます。

私のところでは、
体を冷やし過ぎないよう
気持ち高めに温度設定します。

風量を自動設定にしておくと
設定温度になれば、風量を弱くし
室温が上がってくれば、風量を強くして
エアコンが調整してくれますよ。

栄養のある食事をちゃんと食べる。

汗などでビタミンやミネラルが不足になり
夏バテになります。

なので、それらを取れる食事を
ちゃんと取るのが重要です。

暑いからとアイスなどダメですよ。

冷たいものは胃腸に負担をかけます。

それに、砂糖も夏バテを悪化させます。

砂糖を分解するのに
ビタミンなど重要な栄養素を使ってしまうからです。

そうめんなど食べやすい食事がいいですが
それだけだと栄養が少ないですよね。

豚肉やレタスなど冷しゃぶをトッピングにすると
肉や野菜も摂取できるのでオススメです。

あと、
弱った胃腸を助けるために
よく噛んで食べると良いですよ!

おやつなど食べたくなりますが
ご飯が食べれないと困るので、
あげる時間や量も気をつけてくださいね。

おやつにも食事の代わりにも
甘酒がいいですよ。

甘酒は栄養満点で、
江戸時代から飲む点滴と呼ばれる程です。

ちなみに、
甘酒は原料は米麹と酒粕の2種類あり
酒粕のはアルコール成分があり
米麹ならノンアルコールです。

なので、成分表を確認して
米麹と書かれてるのを選びましょう。

間違ったりしちゃうと心配でしたら
ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」
みたいな、ノンアルコールって書かれているのを
ネットで買えば簡単ですよ。

他にもドラッグストアで売ってるようなものでは、
子供用の栄養ドリンクもあります。

ちなみに、これは5歳からですので、
5才未満は服用しないでくださいね。

適度な運動をして、汗をかく

外が暑いからとエアコンの聞いた室内に
ずっといるのも良くありません。

ウォーキングなどの有酸素運動が効果的。

汗をかくことによって
発汗機能が低下するのを防ぎ、
熱が体にこもるのも防ぎます。

運動すればお腹が減るので
食欲も増すのも重要ですね。

運動するときは、朝夕の涼しい時間帯で、
水分補給にも注意してください。

エアコンが効きすぎてる場所にいすぎない

エアコンが効いてて
肌寒いってくらいの場所にいると
自律神経が乱れて夏バテになります。

ただ、家で気をつけてても
お店に行くとエアコンが
効きすぎてることもありますよね。

外出するときには
1枚羽織れるものを持ってくといいですよ。

 - 夏のこと , ,

  関連記事

error: Content is protected !!