まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

台風への植木鉢やプランターの対策は?通過後はどうする?

   

台風対策で植木鉢は?
秋ごろになってくると台風が多くなりますね。

せっかく育てた植木や花も、
何も対策をしないと台無しになってしまうかも…

それに、
強風で鉢が飛ばされたりしたら、
非常に危ないですよね。

そんな植木鉢やプランターの台風対策を
まとめましたので参考にしてください。

 

台風への植木鉢やプランターの対策はどうやる?

植木鉢やプランターの
サイズや植わっているものによって
対策も変わってきます。

いくつか対策方法があるので、
出来そうなのを是非やってくださいね。

屋内に置いておく

屋内に置くのが一番良いですよね!

玄関は基本的に靴の土で汚れるところなので
他の部屋より気にならないです。

他には、お風呂なら
植木鉢などを戻したあとに
水でざっと流せちゃうから片付けが楽です。

リビングなどでも、
ブルーシートを敷いておけば
床が汚れないので便利です。

軒下に置いておく

軒下は建物の外壁の下です。

軒下に並べておくだけでなく、
いくつかの鉢やプランターを
ヒモで括っておくとより飛びにくいです。

レンガなど重しを置くのもいいですね。

あらかじめ横倒しに倒しておく

背の高い木などは、
風の影響を受けやすいです。

大きいと屋内に入れれないし
重すぎて軒下に持ってくのも大変ですよね。

そんなときは、台風が来る前から
その場で倒して寝かせておけば
重心が低くなり風の影響が少なくなります。

新聞紙などを鉢につめておけば
寝かせても土が出るのを抑えられます。

不織布で覆って、紐で縛っておけば
さらに有効的ですよ。

枝や茎を紐でまとめる

枝などを紐でまとめて
大きなひと塊にしておくと
折れたりするのを防げるかもしれません。

軒下にまとめたものも
鉢やプランターだけでなく
茎などもまとめておくといいですよ。

剪定しておく

枝葉が繁っていると
風の影響をもろに受けて
もしかしたら折れるかもしれません。

なので、
剪定をして風通しを良くすると
折れる確率を少しでも減らせますよ。

枝葉がボサボサのままでの放置は
病気や害虫が発生しやすくなるので
どちらにしろ剪定はしておいた方がいいですね。

実や花を摘んでおく

台風の強風で実や花が飛んで行ったり、
落ちてしまったりする場合もありますよね。

収穫できそうなものは、
あらかじめ収穫しておいた方が
無駄にならないかもしれませんよ。

台風の通過後はどうしたらいい?

しっかりと水をかけておきましょう。

葉っぱだけじゃなく、
茎にも水をかけてください。

台風の雨は海水の塩分が含まれてる場合もあり
塩害で枯れることもあるので、
しっかり洗い流してください。

折れてしまってたら
断面を合わせてビニールテープで巻いてください。

再び折れないように
割り箸や太い針金などで
添え木もした方がいいですよ。

運が良ければ、折れた先が枯れないかも

まとめ

出来そうな対策をちゃんと行い
台風に備えてください。

塩害で枯れることが多いので
通過後の処置も忘れないように!

掃除など後か出すけもしてくださいね。

 - 秋のこと , ,

  関連記事

error: Content is protected !!