まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

去年の灯油をストーブに使える?ポリタンクのは?処分は?

   

去年の灯油は使える?
シーズン終わりに灯油を使い切るのは難しいですよね。

特にストーブの中に
そのまま残ってたりするのは多いです。

その灯油をそのままにして、
また寒くなったら使っても大丈夫なのでしょうか?

去年の古い灯油についてまとめてみました。
参考にしてください。

 

ストーブに残った去年の灯油は使える?

出来れば使わないほうがいいでしょう。

国民生活センターでも、
古い灯油は使わないように!と呼びかけています。

ですが、
保管状態が良くて、劣化や変質がなければ
使っても大丈夫とも言われます。

トヨトミの石油ファンヒーターのエコバーナーという性能は
1年以内で保管状態が良ければ使えると
謳っていますよ。

でも、新しいストーブが壊れると
もったいないですよね?

そんな場合には
古い灯油は使わない方がいいです。

逆に、もう何年も使ってるストーブで
最悪、買い換えればいいかなって感じなら
古い灯油を使っちゃってもいいかもしれません。

使うのであれば、
窓を開けるなど換気をしっかりして
異臭や体に違和感があれば使用をやめてください。

ポリタンクに入ってた去年の灯油は使える?

ストーブに残ってた灯油と違って
ポリタンクは劣化しやすいです。

日光で劣化していきますので、
保管場所が日にあたってると危ないです。

灯油用の赤や青のポリタンクならまだしも
白いポリタンクだと劣化してる可能性が高いです。

また、ポリタンク内に水が入り灯油と混ざると
故障や不完全燃焼の原因にもなります。

なので、ストーブ内の灯油の残りと同じように
使わない方がいいでしょうね。

古い灯油を処分する方法は?

残ってる灯油の量によって捨て方が違うので
2つに分けて紹介します。

処分する灯油が多い場合

ポリタンクに半分以上残ってるような
結構、たくさん
残ってる場合には、
ガソリンスタンドに持って行ってみましょう。

ただ、
どのガソリンスタンドでもいいと言う訳ではなく
オイル交換などもやっているスタンドです。

オイル交換後の廃油を処分するから
一緒に灯油も廃棄できるのです。

無料で引き取ってくれるところが多いと思いますが
できれば事前に電話で問い合わせてみてください。

いつもガソリンを入れているスタンドなら
お願いしやすいですよ。

処分する灯油が少ない場合

まず、新聞紙やいらなくなった布など
なにかに染み込ませましょう。

それを燃えるゴミに出しちゃいます。

ゴミ袋から漏れだすと大変なので、
スーパーの袋に入れてからゴミ袋に入れるなど
ちょっと気をつけて捨ててくださいね。

まとめ

去年の灯油は出来れば使わない方がいいです。

もし使うのなら、
ストーブが壊れる可能性もあるので、
それも承知で使ってくださいね。

念の為に、
しっかり換気もしてください!

 - 冬のこと , ,

  関連記事

error: Content is protected !!