まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

確定申告の還付はいつから?いつまで?期間を過ぎたら?

      2016/08/13

確定申告の還付はいつからいつまで?
家を建てて住宅ローンがあったり、
医療費がたくさんあったり、
ふるさと納税をしたり。

所得税には様々な控除があるので、
今年は確定申告をすると税金が戻ってくるかも!
って場合ありますよね。

けど、普段しない確定申告なので
いまいちわからなかったり。

確定申告で還付する場合の期限について、
まとめましたので参考にしてください。

 

確定申告の還付はいつから?

確定申告っていうと
基本的には2月16日からです。

ですが、還付の場合はちょっと違います。

還付なら翌年1月1日から
申告が出来ますよ。

2月16日から3月15日までの間は
税務署などが混むと予想されますので
早めに終わらせちゃうのがいいかと思いますよ。

確定申告の還付申告はいつまで?

実は、還付の場合はかなり期間が長いです。

確定申告の期間というと
2月16日から3月15日までです。

還付申請の場合は
翌年1月1日から5年間
提出することができるのです。

平成27年の分の確定申告なら
平成28年1月1日から平成32年12月31日まで。

ただ、書類がなくなっちゃうと
還付できなくなるので
忘れないうちにやった方がいいですよ。

もし事業主で青色申告をしている場合には
3月15日までに出さないと
65万円の青色申告特別控除ができないので
注意してくださいね。

確定申告の還付申請の期限がすぎたら?

確定申告で納付の場合には
3月15日の期限がすぎれば
延滞税など余分に税金を払う場合もあります。

ですが、還付申告の場合には
税金が戻ってこないだけです。

でも、還付申請をすれば、
所得税だけでなく
住民税も安くなる可能性もありますよ。

まとめ

還付申告の場合には
3月15日を過ぎても大丈夫です。

どうしても平日に行けない場合には
税務署はお盆休みがないので
お盆休みの時などを利用すると
いいかもしれませんよ。

 - 税金 , ,

  関連記事

error: Content is protected !!