まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

金魚の水換えの頻度は?方法は?水換え後に様子がおかしい?

   

金魚の水替えの頻度は?
金魚の飼育で、
意外と大変なのが水換えです。

金魚にとって水槽は、
寝室でもあり、食事をするところでもあり、
トイレでもあります。

なので、放っておくと水質が悪化するため、
定期的な水換えが必要です。

そんな水換えについて、
少しでも参考にしてくださいね。

 

金魚の水替えの頻度はどのくらい?

実際は、
金魚の数や大きさ
水槽の大きさや水量
ろ過器の能力
などの色々な要因で頻度は変わってきます。

ですが、目安としては
夏は1~2週間の間に1回
冬は半月に1回

ただし、冬にヒーターを使っている場合には
夏と同じくらいの頻度です。

ただ、水が白く濁っているときや臭いとき
やたら金魚が水面で口をパクパクしてるときは
水質が悪くなっている可能性もあります。

そんなときは、すぐ換えた方がいいですよ。

金魚の水替えの方法は?

まずは水を用意します。

「井戸水はカルキがないから大丈夫じゃない?」

井戸水は鉄分やカルシウムなど、人間には大丈夫でも
金魚にとって良くない成分が含まれてる場合もあります。

なので、水道の水のカルキを抜いて使った方が
逆に安全だったりします。

カルキは紫外線にあてて光化学反応で抜けます。

バケツに一杯の汲み置きなら、
直射日光を水面に当てれば、1日あれば大丈夫です。

日陰や曇りの日、冬の季節なら
3日以上は置いた方がいいですよ。

すぐ抜きたいなら、カルキ抜き剤を使いましょうね。

次に掃除がしやすいように金魚を退避させます。

水槽の水を別の容器に移して
そこに金魚を入れます。

飛び出してしまわないように
フタをしておいた方が安全ですよ。

金魚を移したら
水槽の水を抜いていきます。

もし水槽にコケが生えてたら、
水を抜く前にたわしなどで擦って掃除してください。

水を抜く量は、3分の1くらい。

水を抜きすぎると、繁殖しているバクテリアが
減りすぎてしまうからです。

プロホースなど専用のポンプを使うと
敷石のゴミの掃除もできるので便利ですよ。

次に水を入れていくのですが
ここで注意することがあります。

それは水の温度。

温度差で金魚が弱ってしまうこともありますので
注意してくださいね。

ついでにろ過装置の掃除も……
と、思うかもしれませんが
それは別の日にしましょう。

これもバクテリアが減りすぎないようにするためです。

水をキレイにしてくれるバクテリアは
金魚の飼育にとって重要です。

終ったら金魚を戻してくださいね。

水換えした日は、
金魚はストレスが溜まっているので
エサは与えない方がいいですよ。

水換え後に金魚の様子がおかしい?

水槽の水を換えて金魚を戻した後
金魚の様子は大丈夫ですか?

水の温度に差があったり
phの差があったりすると
様子がおかしかったりします。

いままでは大丈夫だったとしても
金魚が高齢になったり体調が悪かったりすると
症状がでてくることもあるので
水温などは気をつけた方がいいですよ。

まとめ

水槽の中で食事や排泄をするので
水換えはどうしてもしないといけません。

注意するポイントを間違わなければ

 - ペット・生き物

  関連記事

error: Content is protected !!