まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

夏バテで食欲不振の原因は?対策は?食べ物は何がいい?

   

暑い夏で夏バテ。
暑い日が続くと
夏バテで食欲も減ってきますよね。

胃もたれしたり、
吐気がしたり……。

そんな夏バテを放っておくと、
さらに悪化したり、夏風邪を引いたり、
結構大変になってきます。

夏バテでの食欲不振の原因などを知って
対策や予防の参考にしてくださいね。

 

夏バテで食欲不振になる原因は?

食欲不振になる原因は
自律神経の乱れにより、胃の能力が低下して
胃もたれの状態になるからです。

「自律神経ってなに?」

自律神経は呼吸や消化、発汗・体温調整など
自分の意志とは関係なく
体内の調整を行ってくれる神経です。

エアコンが効いて、ちょっとひやっとする室内と
猛暑でガンガンに暑い屋外を行ったり来たりすると
暑いのか寒いのかわからなくなって
自律神経が混乱します。

すると、だんだん調整機能が狂ってきて
暑い場所では汗をかいて体温をさげないといけないのに
汗が出なくなってしまいます。

自律神経は、消化も関係しているので
それが乱れると胃の働きも悪化。

それで消化不良になって、
胃もたれになっちゃうのですね。

「食欲がないから食べたくない。」

と、そこでさらに食べるのをやめちゃえば
栄養不足になって、体力も低下し
どんどん悪くなっていってしまいますよ。

免疫力が落ちれば、夏風邪も引きやすくなりますよ。

室内と室外の温度差以外では、
冷たいジュースやアイスなどの過剰摂取です。

胃などから出る消化酵素は
37度くらいが活発に働きます。

冷たいジュースやアイスを食べれば
体内の温度も下がりますよね?

すると消化が悪くなって
消化不良になってしまい胃もたれに……

夏バテにならないようにする対策は?

対策は上記のことに注意してください。

温度差について

室内と屋外の温度差を5度以内に抑えるのが良いです。

パートナーが暑がりでエアコンをよく使うのなら
厚手の服や、余分に1枚着るなどして
冷えすぎに注意してください。

職場やお店では、どうしても低く設定されてしまうので
カーディガンなどを持ち歩くようにしましょう。

飲み物について

暑いと冷たい飲み物をガブ飲みしたくなります。

ですが、なるべく少しずつ飲む方が
胃腸の働きには良いです。

ストローを使って飲むのも効果的。

さらに効果的なのが食後。

食べ物を消化するのに胃腸が活動するので
温度を下げないように
温かい飲み物を飲むようにするといいですよ。

夏バテには何を食べると良い?

高たんぱくで低脂肪の食事が良いです。

それと偏食せずに、いろいろなものを
バランスよく摂取するのも重要。

夏バテに良い栄養素はビタミンB1です。

豚肉や大豆などに多く含まれるので
豚肉の冷しゃぶ・冷奴・枝豆など
暑い夏にはピッタリ。

けど、どうしても食べられないって時もありますよね。

そんなときは、
せめてウィダインゼリーや栄養ドリンクなど
なんとか食べれそうなものを食べて

少しでもエネルギーになるものをとってから
しっかり寝て、体を休ませましょう。

食欲が戻ったなら、まずはおかゆなどから。

おかゆは、そのままでも消化しやすいですが
ゆっくりよく噛んで食べると、なおいいです。

間違ってもアイスやかき氷など
冷たいものは注意してくださいね。

まとめ

夏の食欲不振は
夏バテによる胃もたれ。

夏バテにならないように
体の冷えすぎに注意してください。

なるべく食事もしっかり取り
睡眠もしっかり取って
暑さに負けないようにしましょうね。

 - 生活

  関連記事

error: Content is protected !!