まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

市営プールはビキニでも大丈夫?必要なものは?マナーは?

   

市営プールはコースによって歩いたり泳いだり決まってることがあるよ
プールは気持ちいいし、
泳ぐのは良い運動になりますよね。

しかも市営プールなら
使用料金がとてもやすく
何度も通いたい場合にはちょうどいいです。

でも、レジャー用の水着でもいいの?
何か必要なものがある?

市営プールについて紹介します。

 

市営プールはビキニなどレジャー用でも大丈夫?

市営プールの運営方針によりかわってきますが
ビキニだとダメというところは少ないですよ。

でも、競泳水着のような泳ぐ専用の水着や

セパレート水着で、歩いたりアクアビクスのような
フィットネス用の水着が多いですよ。

禁止されていない市営プールなら
多いだけで、ダメという訳ではないので
自分が気にしなければ問題なし。

まずは
ホームページや電話でのお問い合わせで
レジャー用水着の禁止を確認しましょう。

市営プールを利用するのに必要なものは?

まず水着はもちろん必要です。

市営プールの場合では
レジャープールと違って
水着を売ってない場合が多いですよ。

これも市営プールによって違いますが
水泳帽子が必須な場合があります。

小学校のころに、プールの時によく被った
ピチッとした帽子ですよ。

これを着用しないといけないので
ビキニで水泳帽子はちょっと……

最初は様子見で、ビキニでもいいかもしれませんが
ダイエット目的で、何度も通う予定なら
周りに合わせた方がいいでしょうね。

メガネをしたままプールに入るのを
禁止している場合があるので
ゴーグルはあった方がいいですよ。

目が悪ければ度入りゴーグルのご用意を。

バスタオルも水着と同様に
売ってない場合が多いので
忘れずにもっていきましょう。

ゴムのついたバスタオル
ラップタオルはあった方がいいですよ。

こんな感じのタオルです。

着替えのときに、カーテンなどがないところもあるので
気になるなら、あった方が便利ですよ。

その他にあると便利なものは
セームタオル
濡れた物を入れるビニール
女性ならヘアゴムなど

意外と重要なのが100円玉。

ロッカーを利用にするのにいる場合があります。

途中で自販機でジュースを買う場合に
おつりがない場合もあるので
小銭もあった方がいいですよ。

最近は100円が帰ってくるロッカーが多いですが
もしかしたら戻ってこないかも。

そうすると何度もロッカーをあけると
お金がもったいないですよね。

でも、財布をそのまま持ってくのは心配。
ビニール製の小銭入れがあると
いいかもしれません。

市営プールでのマナーは?

市営プールによっては
遊ぶようのプールもあったりますし

学校にあるようなコースのプール
しかない市営プールもあります。

歩く専用のコースや
ゆっくり泳ぐコース
ガンガン泳ぐ人のコースなど
コースが分かれている場合があります。

あと、基本的にコースの右側通行です。

平泳ぎでは、すれ違う時にぶつかる場合があるので
ちょっと気を付けてくださいね。

自分の泳ぐスピードや
スタートするタイミングを調整して
周りの流れに逆らわず泳ぎましょうね!

あとはプールサイドは走らないとか、
一般的なルールは守りましょう。

だいたい壁に注意書きが貼ってあったりするので
1度は確認しておきましょうね。

それと、市営プールは休憩時間があります。

市営プールによって
1時間に10分だったり
30分に5分だったりします。

メンドクサイと思うかもしれませんが
プールから上がって休憩してくださいね。

まとめ

市営プールごとに
禁止事項なども違ってきます。

行く場所が決まっているなら
レジャー用の水着でもいいか確認しましょう。

その際に
バスタオルなどが売ってる売店があるかなど
気になったことも、ついでに聞くといいですよ。

水泳は健康にもいいので
頑張ってくださいね!

 - レジャー

  関連記事

error: Content is protected !!