まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

ふわふわなかき氷の作り方は?氷とかき氷機が重要?

      2016/08/16

夏にはふわふわなかき氷をご家庭で
夏と言えばかき氷。

お店で食べるかき氷は
ふわっふわで美味しいですね。

ただ、冷房が効いてたりすると
寒くなっちゃうのが困ります。

自宅で出来れば良いんですけどね。

 

お店のふわふわかき氷は作れない?

家庭用のかき氷で作ると
どうしてもシャリシャリに……。

お店で食べるようなふわっとした
かき氷を家で作れるといいんですが

難しいんですよね。

よくテレビでふわふわのかき氷屋さんがでると
四角のでかい氷を削っていますよね。

お店屋さんの氷は
非常に硬く、空気があまり含まれていません。

おうちで氷作ると白っぽくなってませんか?

水道水では、塩素やミネラル、不純物が混ざるため
白くなってしまいます。

水の違い、凍らせ方の違いで
かき氷の氷もかなり違ってきちゃうのです。

もちろんかき氷を作る機械にも
お店のとでは違いが出てきます。

かき氷の刃の微妙な角度で
ふわふわ感がかなり違ってきます。

氷とかき氷機の両方が組み合わさって
あのふわふわなかき氷が出来るんですね。

ふわふわなかき氷の氷の作り方

水道水では、カルキなどの不純物が入ってます。

ミネラルウォーターを使った方がいいですが
毎回それではお金かかっちゃいますよね。

そこで、一度沸騰させて冷ましたのを
凍らせるといいですよ。

凍らせる際にも、通常の製氷皿ではなく
円柱形の専用カップの方など
少しでも大きい氷にした方がいいです。

さらには、砂糖を入れると
ふわふわになりやすいです。

水200ミリリットルに対して、砂糖が大さじ3。

ただ、氷自体が甘くなるので
シロップのかけすぎにはご注意を!

あと、冷凍庫の設定を弱にして
少しでもゆっくり凍らせます。

普段、設定が弱でない場合は
作った後、忘れずに戻してくださいね。

かき氷を作る際にも
すぐ氷を使うのではなく
15分程度おいて霜を取りましょう。

こんな感じで氷を準備してください。

ふわふわかき氷はかき氷機も重要。

かき氷の削り方の設定が出来る場合には
一番細かい設定を使いましょう。

削れた氷は溶けやすいので
器も直前まで冷やしてください。

細かい設定にすればするほど
回す回数が増えるので
手動だと大変です。

ちょっと高くはなりますが
ふわふわな氷が出来る
電動かき氷機も売っています。

私のうちでは、
外見に引かれて
ドウシシャの「電動本格ふわふわ氷かき器」を購入
レトロな感じが可愛い、電動ふわふわかき氷機

セットしてレバーを引くだけで
あとは自動で削れるので楽です。

そして、とてもふわふわ!

楽天市場Amazonでも購入できます。

ですが、真夏には売り切れてしまいますので
早めに購入しておいた方がいいですよ。

以前は安い手動でした。

子供に毎回おかわりをお願いされて
疲れて嫌になっちゃったんですよ。

今は疲れないので、
本当に助かってます。

まとめ

お店のふわふわかき氷を再現
と、まではいかないかもしれません。

ですが、普通に作ったの比べれば
とてもふわふわになりますよ。

 - 夏のこと

  関連記事

error: Content is protected !!