まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

お盆にはキュウリやナスの置物?作り方は?処分の仕方は?

   

お盆にはキュウリの馬とナスの牛を作りましょう。
お盆になると
木をもやして迎え火をしたり

キュウリとナスに木の足をつけ
飾ったりしますね。

でもあのキュウリとナスは
何なのでしょうか?

 

お盆のキュウリとナスは馬と牛?

キュウリとナスに足をつけて
キュウリが馬で、
ナスが牛です。

これを
「精霊馬」で「しょうりょううま」
「精霊牛」で「しょうりょううし」
と呼びます。

ちょっと小学生の工作っぽいのですが
とっても重要な役割があります。

キュウリの馬

お盆の13日の夕方に行う迎え火

その迎え火でご先祖様を
あの世からこの世へお迎えします。

その時に
早く家に帰ってこられるようにと

パカッパカッと、
軽やかに走る馬がモチーフになっているのが
キュウリの方です。

ナスより細いところが
牛よりスマートな馬な感じなのでしょうね。

ナスの牛

帰ってきてくれたご先祖を
再びあの世へ送るのが送り火。

地方によって16日だったり15日だったりしますよ。

その時に
少しでもゆっくり帰るようにと

歩みが遅い牛がモチーフになっているのが
ナスの方です。

ドドドドドドッと
スゴイ勢いで走るスペインの
闘牛や牛追い祭りの牛をイメージしてはダメですよ!

行き帰りで乗るものが違う説以外に
ご先祖様がキュウリの馬に乗り
荷物をナスの牛に乗せてくるという説もありますよ。

お盆のキュウリやナスの精霊馬の作り方は?

作り方といっても
バランスよく立てるような位置に
割り箸などを刺すだけ。

足は、本来は迎え火などで燃やす
おがらを足にするんですよ。

おがら」とは
麻の皮を剥いだ茎の部分のことで
迎え火・送り火以外に、
お供えの箸に使ったりもします。

花屋やホームセンターなどでも売ってますが
なければ割り箸などで代用しましょう。

トウモロコシのひげを使って
尻尾にするところもあるそうですよ。

さらには、ちょっと変わった精霊馬もありますよ。

これに乗ってご先祖様が帰ってくるのを想像すると
ちょっと笑えてきちゃいますね。

お盆のキュウリやナスの精霊馬の処分は?

以前は、川や海に流したり
土へ埋めていました。

ですが、
最近では川の汚染などで
難しくなってきてますよね。

お寺で、お焚き上げなどで
処分してもらえる場合もありますが
やってくれるかどうかお寺によります。

なので、普通にゴミの日に
出すようになってきています。

けど、そのまま捨てるのは
あまり気分がよくないですよね?

こういったものは
半紙で包んだり、お塩で清めてから
ゴミに出しましょう。

半紙はよく習字で使われたりしますが
なければキッチンペーパーや印刷用紙など
白い紙に包めば大丈夫ですよ。

まとめ

お盆には、キュウリの馬に乗って
ご先祖様が帰ってきます。

ぜひとも、速そうな感じの
キュウリを使って精霊馬を
作ってみてくださいね。

 - 夏のこと

  関連記事

error: Content is protected !!