まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

手作りおにぎりの賞味期限は?どうすると傷む?握り方は?

   

傷みにくい手作りおにぎりの握り方は?
遊びに行くときなど
おにぎりなどを作っていくと
お金も節約できていいですよね。

けど、夏場だと
傷んでしまわないか心配です。

そこで、手作りおにぎりの賞味期限や
傷みにくい握り方などを
ご紹介します。

 

手作りのおにぎりの賞味期限ってどのくらい?

賞味期限といっても
夏と冬を比べれば
冬の方が寒いから傷みにくいですよね。

作り方も
素手で握ったおにぎりと
サランラップなどで握ったおにぎりでは
素手の方が雑菌がつきやすく傷みやすいです。

状況によって違ってきますが
目安としては半日

朝作って、お昼に食べるくらいです。

朝作ったのを夕方に食べるとなると
もしかしたら傷んでるかもしれませんね。

手作りおにぎりが傷まないようにするには?

傷むというのは雑菌が繁殖してしまうことです。

どうなるとカビが生えやすいかを考えると
イメージしやすいかもしれません。

まず、温度は高い方が傷みやすく
37度前後が雑菌が繁殖しやすい温度です。

保冷剤を弁当袋に一緒にいれれば
夏でも温度が上がるのを防げます。

おにぎり自体もしっかりと粗熱をとって
冷ましてから弁当のフタをしないと
蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。

水気が多い方が傷みやすいので
水はちょっと少な目に炊いた方がいいですよ。

塩分は雑菌の繁殖を抑える効果があります。

夏場で汗をよくかくのなら
汗と一緒に体の塩分も抜けるから
おにぎりの塩をちょっと多めでもいいかも。

傷みにくくなるし、塩分補給もできて一石二鳥。

同様に、塩分が多い具の方が
傷みにくいです。

梅干しや鮭、塩昆布など
昔ながらのおにぎりの具なら
塩分が多いのでいいですよ。

逆に、明太子やマヨネーズは
傷みやすいので注意してください。

おにぎりといえば海苔ですが
先に巻いてしまうと
海苔も傷みやすくなってしまます。

海苔は袋やラップで包んで別にして
食べる直前に巻く方がいいですよ。

傷みにくいおにぎりの握り方

炊き立てのご飯なら
熱いので雑菌が少ないです。

でも熱くて握れませんよね?

それに手で握ってしまうと
手の雑菌がついてしまいます。

そこでお椀や茶碗を2つ使います。

お椀にご飯を入れて、
もう1つのお椀でフタをします。

中のご飯がコロコロ転がるように
合わせたお椀を振ると
まん丸なおにぎりが出来ます。

それをラップで包んで
力を入れすぎずキュッと握って形を整えれば
ふんわりとしたおにぎりの出来上がり。

なれると簡単にできますし
小さな子供でもやりやすいです。

まとめ

遠足やお花見、ピクニックなど
おにぎりを持っていく機会がありますよね。

けど、食べ残してたからと
後で食べると傷んでるかもしれません。

なるべく食べ切れる量に調整して
傷みにくい工夫もするといいですよ。

 - 食べ物・飲み物 ,

  関連記事

error: Content is protected !!