まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

梅雨の湿気対策で押入れはどうする?靴箱や家具は?

   

梅雨は雨が多く、湿気がこもりがち
梅雨は、室内の湿度も高くなりやすく
気を付けないとカビてきます。

お店でも梅雨の湿気対策のもの
が売られています。

けど、そのまえに
自分で出来る簡単な対策から
始めてみませんか?

 

梅雨の時期の押入れの湿気対策は?

押入れは、湿気がこもりやすいです。

中に換気扇があれば別ですが
あまり換気扇がついているのはないですよね。

そうすると押入れのふすまを閉めておくと
空気が全然流れません。

その中に、寝てる時に寝汗を吸った布団を
そのまま入れてしまうと、一気に湿度があがります。

そうするとカビがいつのまにか発生してることが…。

布団を干せれば、そんな心配は少なくなりますが
梅雨の時期は雨の日の確率が高いので
なかなか干せないですよね。

なので、押入れの湿気対策は
しっかり行った方がいいですよ。

とりあえず簡単な方法でも!

ふすまの左右をちょっとあけましょう。

片一方をあけるだけではダメです。

空気が流れるようにするのが目的なので
ちゃんと左右の両方あけましょう。

空気が入る入口と、出ていく出口が必要だからです。

布団の下にはすのこを敷きましょう。

空気が入っても、
通れなければ意味がありません。

「布団の上側はあいてるよ?」

重要なのは上ではなく、下。

洗濯した衣類を途中でさわってみるとわかりますが
上の方から乾いて、下の方に水気が溜まります。

布団も同じで、
吸った汗の水分が、だんだん下へ落ちていきます。

すのこがあれば、下へ落ちていった水気が
すのこの間を通って外へ行くので
押し入れの湿度を下げられます。

ただ、すのこの向きを注意してください。

空気が流れない向きでは、
全然意味がなくなっちゃいますよ!

たまに扇風機やサーキュレーターで
空気の流れを補強するのもいいですよ。

靴箱の湿気対策は?

雨に濡れた靴を
そのまま靴箱に入れたままにすると
靴がカビます。

なので、なるべく靴を拭いて

出来ればドライヤーなどで乾かしてから
靴箱に入れるとより効果的。

雨が降っていなくても
ずっと靴を履いたままなら
靴が汗を吸っていますよ。

なるべく同じ靴を履かず
ローテーションして、靴を乾かすようにすると
湿気対策にもなるし、靴も長持ちします。

押入れと同じように
新聞紙を敷くと、湿気を吸ってくれますよ。

家具の湿気対策は?<

なるべく壁にピタッとくっつけない方がいいです。

気付かないうちに、家具の裏側がカビてることも…。

なので、家具の裏も空気がながれるように
ちょっと離した方いいですね。

隙間をあける場合には
物を落としたりして
取るのが大変だったりしますので

家具の上に小さいものは乗せない方がいいですよ。

まとめ

梅雨は気を付けないとカビが生えてきます。

体調不良の原因にもなったりするので
少しでもカビが出ないような
工夫をしましょうね。

 - 豆知識 ,

  関連記事

error: Content is protected !!