まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

七夕の笹はいつまで飾る?長持ちさせる方法は?片づけは?

   

七夕には笹に短冊などを飾りましょう。でも飾るのはいつからいつまで?
7月7日は七夕です。

短冊に願い事を書いて、
笹の葉に飾りますよね。

でも、いざ子供のためにと思っても、
「いつから、いつまで飾ればいい?」

いまいちわからない準備や片づけについて
ご説明します。

 

七夕の笹はいつからいつまで飾る?

七夕の飾りするのは
7月6日の夕方からです。

そして7月7日の夜には片づけちゃいます。

「せっかく飾ったのに、1日で終わりなの?」

クリスマスのツリーや
ひな人形や鯉のぼりは
結構前から出しておきますね。

子供がせっかく七夕飾りを作っても
前日に飾ってたら、すぐ終わってしまいます。

なので、ここは正式ではないけど
ちょっと前から飾るのがいいと思いますよ。

七夕の笹はどうしたら長持ちする?

七夕の正式なやり方で
7月6日の夕方に出して、7日の夜に片づけるのなら
たった1日です。

ですが、笹は水を下から吸うのが難しいため
バケツに水を入れて、笹を刺しておいても
思いのほかもたないのです。

もし笹を取りに行くのなら、
切ってしまわずに

ショベルなどを使って根ごと掘り
生ける直前まで、濡らした紙で包んでおきましょう。

お店で購入する場合には
下が切られている状態がほとんどです。

すぐ飾るのでなければ
笹全体に水をつけ、湿らせた新聞紙をかけておきます。

飾る場合には、こまめに霧吹きをしたりして
クーラーの風が当たる場所や、日当たりが良かったり、暑すぎる部屋に
置くことをさけてください。

どうしても長く飾っておきたいのなら
偽物の笹にするのが良いかもしれませんね。

七夕の笹や飾りの片づけはどうやる?

もともと七夕飾りは、海や川に流す
七夕送りをしていました。

ですが、最近では
海や川の汚れを防止するために流すのは難しいです。

そうすると、燃やす場合が多いです。

地域によっては、笹を集めて焼却してくれるところもあります。

なければ自宅の庭で燃やすのがいいでしょうが
笹ごと燃やすのは、家に焼却炉があればいいですが
なければ難しいですよね。

なので、願い事を書いた短冊だけ
燃やすのはどうでしょうか?

「願い事は、煙に乗って神様に届くよ!」
と、説明してあげるとわかりやすいですよ。

残った笹などは、地域のルールに従って
可燃ゴミなどで出すしかありません。

まとめ

笹は切ってしまうと長持ちさせるのは難しいです。

なので、本物の笹を使う場合には
本来の7月6日の夕方から7日の夜までで
飾るのがいいでしょう。

デジカメやスマホで写真を残すのが便利になったので
写真で残しておくのがオススメですよ。

 - 夏のこと ,

  関連記事

error: Content is protected !!