まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

七夕の飾りは短冊だけ?願いを書く理由は?願いの内容は?

   

七夕飾りの短冊には習い事などの上達を願います。
7月7日は七夕祭り。

笹の葉にお願いを書いた
短冊を飾りますね。

その程度しかわかってない
七夕の短冊について、
簡単ですが説明しますね。

 

七夕の笹の葉に飾るのは短冊だけ?

とりあえず、短冊に願い事を書いて~
くらいで、他はあまり知られていませんね。

歌でも「ごしきのたんざく~」と言っているので
色の種類が5色あります。

中国の陰陽五行説に由来して
赤・青・黄・白・黒の5色でした。

ところが、
古くから日本では、紫が高貴な色とされ
黒に変わり紫を使うようになったので
赤・青・黄・白・紫の5色に変化しましたよ。

あと、実は短冊以外にも
吹き流しや折鶴など、
いろいろ飾ったんです。

なぜ短冊に願い事を書くの?

短冊に願い事を書く由来は

昔の人が、サトイモの葉に溜まった夜露を
すずりに集めて、その夜露で墨をすり

「字が上手になるように」
と短冊に書いたんですね。

昔はサトイモの葉っぱに書いていたんですよ。

そして、紙を作る技術が発達してきて
紙の短冊に書くようになりました。

短冊にどんな願い事を書くの?

上記でも書きましたが
「字が上手になるように」
と書かれていたんですよ。

それが時代の移り変わりとともに
短冊の願いが叶うって変化しちゃったんですね。
針仕事が上手になるように願うお祭りでした。

それに七夕は、もともと中国から伝わって
中国では、針仕事をする女性が
「裁縫などが上手になるように」
と願うお祭りなのです。

つまり元々、芸事や仕事のスキルが
上達するのを願っていたので、

七夕の短冊には、
「○○が上手になりますように!」
って感じのお願いが良いかもしれませんね。

まとめ

七夕の短冊に書くお願い事には
習っているものや仕事のスキルが
上達するようにお願いを書いてみてください。

無事に願いが叶うといいですね。

 - 夏のこと ,

  関連記事

error: Content is protected !!