まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

七夕の行事食は何?その由来は?子供が喜ぶアレンジは?

   

七夕の天の川。それを見立てたそうめんを7月7日に食べましょう。
ひな祭りには、ちらし寿司やひなあられ。
端午の節句には、柏餅やちまき。
いろいろな行事食がありますよね。

でも、
「七夕って何かありましたっけ?」

そんな七夕に食べる食べ物について
簡単ですがご紹介します。

 

7月7日の七夕には何を食べる?

七夕に食べる行事食と言えば

そうめん

由来は古く、平安時代の書物に書かれています。

『延喜式』という書物によると
七夕に素麺を食べると、大病にかからない
と書かれいています。

宮中でそうめんが食べられ、
それが一般に普及したそうですよ。

そうめんと言えば
真夏にツルツルっと食べるイメージ。

「7月7日は、ちょっと早くない?」

でも、旧暦の7月7日は、
実は8月だったのです。

それが今の暦になって早くなってしまったんですね。

もう少し詳しい理由は↓を読んでください。
星祭なのに雨ばかり…七夕はなぜ梅雨の時期なの?

つまり、
夏バテなどで、ご飯があまり食べられない時期に
弱った身体を労って、消化の良いそうめんを食べる
昔ながらの生活の知恵ですね。

七夕の行事食の由来は?

平安時代から七夕にそうめんを食べられていたのですが
由来はいろいろあるそうですよ。

中国の故事から説

とある貴族の子供が、、7月7日に亡くなってしまったんですね。
そしたら、その子供が鬼となって、疫病を流行らせたのです。

そこで、生前にその子が好きだった
索餅(さくへい)」を供えると
鬼のたたりが鎮まったのです。

それ以来、疫病が流行らないようにと
7月7日には、索餅が供えられ

「7月7日に索餅を食べると
1年間無病息災で過ごせる」
と、言われるようになりました。

そして、それが日本に「索麺(さくめん)」として伝わって
「さくめん」がなまって「そうめん」になり

7月7日にそうめんを食べるようになった
と言われる説

天の川そっくり説

七夕といえば、織姫と彦星が
1年に一度会うことが出来る場所
天の川

天の川がそうめんに似ているので
貴族がそうめんを神様に供えるようになった
と言われる説

織姫の機織り機そっくり説

織姫のお仕事と言えば「機織り(はたおり)

機織り機を使い
糸を編んで布にしていくのですが

機織り機にかかってる糸をそうめんに見たてて

「七夕にそうめんを食べると、機織りが上達する。」
と、言われて食べるようになった説

このように、七夕にそうめんを食べるという由来は
いろいろあるけど、昔から食べられてきたんですね。

七夕に子供が喜ぶそうめんを作ろう。

ただ、そうめんを茹でるだけじゃ
ちょっと物足りないですよね?

そこで、そうめんを天の川に見立てて
ニンジンやキュウリ、薄焼き卵を
星形の抜き型で抜いて、夜空の星を飾りましょう。。

オクラは切るだけで星形になるので
星の数を増やすのに便利です。

そうめん自体にも
お湯にターメリックやクチナシ色素をいれて
色のついたお湯でゆでると色が付きます。

カラフルなそうめんができますので、
子供も喜びますよ。

まとめ

七夕には、
1年の無病息災を願って

天の川のように、星いっぱい散りばめた
そうめんを食べてくださいね。

 - 夏のこと , ,

  関連記事

error: Content is protected !!