まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

金魚の飼育に必要なものは?水草もいる?土管や隠れ家は?

      2015/09/13

金魚と水草
最近ではホームセンターで
金魚を飼うのに必要なものが
セットになって売られています。

でも、それだけで大丈夫なの?
その他にあった方が良いものは?

セットによって内容も違うので、
必要なものを調べてから
買いに行きましょう!

 

金魚を飼うのに必要なものは何?

金魚飼育セットで買う場合にも
何が必要か覚えて、
セットの内容を確認してくださいね。

水槽

金魚を何匹飼いたいかによって
サイズが変わってきます。

一度に沢山飼いたいなら大型の水槽がいいでしょう。

目安としては
30cmの水槽
金魚が3~5cmなら、2~3匹
金魚が5~8cmなら、1~2匹

40cmの水槽
金魚が3~5cmなら、3~4匹
金魚が5~8cmなら、2~3匹

60cmの水槽
金魚が3~5cmなら、6~10匹
金魚が5~8cmなら、4~6匹

大きい方が、水替えや掃除が大変になってきますよ。

エアーポンプ 通称『ぶくぶく』

ぜったいないといけない、という訳ではないですが
買っておいた方がいいです。

よほど大きな水槽で、数匹しか飼わないのなら
なくても飼えなくもないですが……。

電気で動くので、金魚の水槽を置く場所が
コンセントが近くないといけませんよ。

エアーポンプは常に起動しているので
音が気になるようでしたら、
静音タイプを選びましょう。

あと、ろ過機能がついているものなら
掃除の回数が減るので便利です。

バケツ

水槽の水を替えたり
カルキ抜きをするために、水を入れて置いたり
意外と使います。

2個くらいあった方が便利ですね。

金魚のえさ

金魚を水槽にいれても
数日はあげない方がいいですよ。

ですが、ずっとあげないわけではないので
準備しておきましょう。

バクテリア

金魚のフンの汚れを、バクテリアが分解します。

バクテリアなしでは、金魚の飼育は難しいです。

出来れば、金魚を入れる前に水槽を準備して
バクテリアを繁殖させておいた方がいいですね。

カルキ抜き剤

なくてもいいですが、あった方が楽です。

カルキ抜きは天気にもよりますが
日当たりがいいところで半日
日当たりが悪いところで1日くらい必要。

ですが、カルキ抜き剤を使えば
液体の薬なら数分
錠剤なら30分くらい

かなり簡単に出来ますよ。

金魚用の塩

昔から、金魚の調子が悪くなったら、
塩浴が基本と言われています。

塩をいれることにより、
殺菌と浸透圧の調節作用で
体調が良くなります。

一般の塩でもいいですが、
金魚用なら入れる量も書いてありますよ。

金魚を飼うのに水草は必要なの?

水草はなくても問題ありません。

あれば、金魚が隠れたりするし
水槽の見栄えもよくなりますよ。

ただ、光が必要になりますので
1日数時間でいいので、
日が当たる場所に、水槽を置いてください。

もしくは人工的に蛍光灯や電灯で
カバー出来ます。

水草を入れる場合には、
場所や機材の追加などを考慮してくださいね。

入れる水草は
アナカリスやカボンバがメジャーで
手に入れやすいです。

アヌビアス・ナナも
丈夫な葉は金魚に食べられる心配もありま
せん。
光が少なくても育つので、初心者向き。

水草を入れる場合には
浮かないように水草固定材や
根がはる砂利が必要になりますよ。

さらに詳しい金魚の水草についてはこちら

土管や隠れ家は必要?

土管や隠れ家もなくても大丈夫です。

金魚は土管などより、水草などの方が
隠れ場所としては好きみたいです。

金魚が大きくなると
入れなくなったりしますので
小さいのはあまり良くありません。

産卵期には、
オスがメスを執拗に追いかけますので
尖ったものなどは
金魚が怪我をすることもあります。

お好みでいれていただけばいいのですが
隠れる場所のためだけなら
水草の方がいいですよ。

まとめ

最近では、金魚や金魚用品が
ペットショップでなくても
ホームセンターでも販売されています。

しかも金魚飼育セットで売られています。

何がが必要で、
セットに何が入っているか
確認して買ってください

 - ペット・生き物 ,

  関連記事

error: Content is protected !!