まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

日傘の内側に黒色が多い理由は?気を付けるべきは照り返し

      2016/08/16

日傘の内側が黒い理由は、地面の照り返しを吸収するため。
最近は、外側の色と関係なく
内側が黒い日傘が多くなってます。

外側は、色々な色があるのに、
内側が黒いのはなぜでしょうか?

簡単ですが、説明しますね。

 

色による日傘の性能の違い。

黒い日傘と、白い日傘では
白い日傘の方が紫外線の透過率が高いです。

「なら、黒い日傘の方がいいね!」

と、言う訳ではないんですよ。

色より重要なのが、UV加工

UV加工の日傘なら、
白でも黒でも大差ありません。

UV加工の日傘の内側の色

日傘で遮るのは直射日光。

上から降りそそぐ日光の光を
日傘でガードします。

「日傘をしていれば、夏も平気ね。」

ところが、日傘にも弱点があります。

それは『地面の照り返し』

地面に跳ね返った紫外線には、
日傘でもどうすることもできません。

で、ここで本題の「日傘の内側の色」
の話になるのです。

ポイントは「白は反射する。

地面の照り返しが体にあたらなくとも
日傘の内側にあたった場合、

黒なら吸収しちゃうけど
白は反射しちゃいます。

傘のカタチを思い浮かべてください。

地面の照り返しを、さらに日傘の内側で反射したら
自分に向かってきますよね

2回も反射したら、紫外線料も減ってはいますが
やはり、「塵も積もれば」です。

だから、内側の色は、反射しやすい白より
吸収しちゃう黒、もしくは濃い色にいいですよ

まとめ

日傘の内側が黒が多いのは
地面の照り返しを吸収するからです。

日傘を涼しいからではなく
日焼け止めとして使うのなら

外側はUV加工のものを、
内側は黒や濃い色のものを選びましょうね。

 - 夏のこと

  関連記事

error: Content is protected !!