まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

暑い夏はベビーカーも暑くなる。保冷剤などで暑さ対策を!

      2015/06/30

ベビーカーで赤ちゃんとお散歩。暑さ対策はしっかりしましょうね。

暑くなってくると、赤ちゃんとの散歩も心配ですよね?

「暑いから、ちょっとなんとかして。」
って言えるわけじゃないから……。

あなたが、暑くなりすぎないように
気を付けるしかないですよね。

 

気を付けないとベビーカーの中も暑くなるよ。

夏はアスファルトが熱を吸収するので
地面がとても着くなりますし
照り返しもあります。

夏場になると、ベビーカーの中の気温は
なんと約40度に上がるとそうです。

ただでさえ暑いのに、赤ちゃんはもっと暑いわけです。

だけど、散歩したり、買い物に行ったりと
ベビーカーで出歩く必要があったりしますよね。

けど、今では、いろいろ便利グッズもあるので、
そういうのも利用して、
赤ちゃんに、少しでも快適に過ごしてもらいましょう。

保冷剤で赤ちゃんもひんやり暑さ対策

対策として、
直接に赤ちゃんの体温を下げる
ベビーカーが暑くならないようにする
と言った感じです。

直接、体温を下げるのに
お手軽なのが「保冷剤

ベビーカーと赤ちゃんの間
つまり、赤ちゃんの背中に当てる感じです。

直接、保冷剤に触れていると危険なので
タオルに巻いたりしましょう。

入れる保冷剤には、
冷凍庫でカチカチに凍るタイプと
冷たくなるけど、凍らずにジェル状態のままの
2種類のタイプがあります。

使うなら、凍らずにジョル状態のままのが
赤ちゃんも座り心地が悪くならないですよ。

ちなみにベビーカーにつけられるシートで
保冷剤が入れられるポケットがついているのもあります。

保冷・保温やわらかシート
これは、チャイルドシートにも使えて
かなり便利でしたよ。

ベビーカーを、アルミフィルムで照り返しからガード

次に、ベビーカーが暑くならないようにします。

地面からの熱をベビーカーが受けるので
暑くなりやすいです。

ベビーカーを選ぶ際には、
暑さ対策を考えると、
少しでもシートが高いものがいいです。

「もうベビーカー買っちゃったよ……」

でしたら、
ベビーカー照り返し防止シートをつけましょう。

遮熱性にすぐれたアルミシートが、路面からの照り返し熱をカットし
ベビーカー内の温度上昇もやわらげますよ。

取り付けも簡単

ベビーカーのA型にもB型にも使えるし
そのまま折りたたむことも出来ますよ。

まとめ

まだ言葉をしゃべれない赤ちゃんにとって
夏のお散歩は危険もあります。

保冷剤や照り返し防止シートなどを使って
暑くなりすぎないように気を付けましょう。

お散歩に行く時間も気を付けましょうね。

もちろん、適度な休憩や水分補給も
ちゃんとしてあげてくださいね。

 - 育児用品

  関連記事

error: Content is protected !!