まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

隅田川花火大会、第一と第二、行くならどっちの会場?

   

hanabi

花火好きにとっては、一度は行ってみたい花火大会といえば

隅田川花火大会

けど、もう凄い人気で
電車で行っても、車で行っても大変ですよ。

そんなことはわかっているけど
一度くらいは!という人には

それならば「第二会場」が
まだ比較的、良いですよ。

 

隅田川花火大会は第一会場と第二会場があるの?

江戸時代から続く、日本最古の花火大会
隅田川花火大会

名前の通り、隅田川から花火を上げ
 第一会場は、桜橋下流 ~ 言問橋上流
 第二会場は、駒形橋下流 ~ 厩橋上流 

と、二ヶ所で上げられるのが特徴です。

打ち上げる花火の数は、合計20,000発
うち、第一会場は、約9,500発
   第二会場は、約10,500発

たぶん、見ていても
「こっちの方が1,000発多かったな!」

なんてわからないと思いますが
第二会場の方が多いんですね。

穴場はあるの?

「会場が2ヶ所もあるから、なんとか見えるんじゃない?」

しかし、周りにはビルが非常に多いため
場所によっては、ビルで全然見えないってこともありますよ。

時期になると、雑誌やネットでも
穴場情報みたいのがでますよね。

でも95万人も行くのですから
そういった情報をチェックする人も多いし

場所取りも、早い人なら前日や朝早くからいますし
遅くともお昼くらいにはいないと難しいでしょうね。

完全な穴場というと、その辺りに住んでいる
親戚や知人の家くらいかと思います。

行くのなら、第一会場と第二会場のどっちがいいの?

どうしても、初めて行く人は
「とりあえず第一に行ってみようかな」
って感じになりがち

なので、第二会場の方が見やすいです。

特に、江戸通りや春日通りが、
18時頃から交通規制がかかり、歩行者天国になるため、
場所取りのスタートがそれからになります。

なので、うまくビルの陰にならないところを探せれば
のんびり座って、花火を満喫できるかもしれませんよ。

まとめ

スマホの普及などで、情報を簡単に探せる時代なので
穴場と書いてあっても、人が集中する可能性もあります。

なので、場所取りのスタートが
交通規制がかかってからしかできない
第二会場がいいかもしれません。

ですが、むしろ大変なのは終わってからだと思います。

電車に乗るのも困難になるので
ある程度、歩いた方が逆に楽かもしれません。

歩きやすい靴にするのをオススメしますよ。

あと、ちゃんとゴミは持ち帰り
警察官などの指示にしたがって
マナー良く帰宅につきましょうね。

 - 花火大会

  関連記事

error: Content is protected !!