まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

土曜じゃなく土用?丑の日ってなに?なぜ鰻を食べるの?

   

土用の丑の日にはウナギ

「夏の土用の丑の日にはウナギを食べる。」

時期になるとテレビのニュースでも取り上げられたり
お店でも、○日は土用の丑の日だからとウナギを!
と、やたら目にするようになってきましたよね?

けど、土用ってなに?丑の日って?どうしてウナギなの?

フレーズは知ってるけど、いまいちわかりにくい
土用の丑の日をご紹介します。

土曜じゃなくて土用?

テレビでは、「どようのうしのひ」と音声で聞くので
たまに曜日の土曜と勘違いしている方もいます。

この土用とは、中国の思想「陰陽五行説」の木・火・土・金・水
(もく・か・ど・ごん・すい)が基になっていて
春は木
夏は火
秋は金
冬は水
と、四季に当てはめられます。

「あれ、土は?」

土は、この四季それぞれ最後の約18日間にあたり
その間を土用というのです。

つまり、土用は四季ごとなので、年に4回あり
ウナギを食べるのは、夏の土用なのです。

牛じゃなくて、丑の日?

丑と書いて「うし」

これは十二支の子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
2番目の丑です。

「カレンダーで、なんとなく見たことある気がする……」

そう、まさしくそれです。

今年の干支は未。と同じように
月にも日にも、干支が当てはまっています。

12種類の干支なので、12日で一回り

なので、土用が18日間のため
序盤に丑の日がある年には
土用の丑の日が2回ありますよ。

なんでウナギを食べるの?

昔から、夏の土用の丑の日に「う」がつく食べ物を食べると
夏負けしないという風習があったそうです。

だから、本当はうどんや梅干しでもいいんですよ。

それが、ウナギを食べる習慣になったのは
諸説あるそうですが、一番メジャーなのが
江戸時代、エレキテルで有名な平賀源内さん。

実は、ウナギの旬って冬なんですよ。

なので、ウナギ屋さんは、夏場にはあまり売れていませんでした。
なんとかしてくれと、ウナギ屋さんが平賀源内さんにお願いしたんですね。

そこで、源内さんは「本日丑の日」と書いて、店先に貼るのを勧めました。

それに気づいた人が
「お、今日は丑の日か!
  丁度いい、「う」がつくウナギを食べよう」
って感じで大繁盛。

そして、それを他のウナギ屋さんも真似て、
広まっていったんですね。

それが今現在まで続いているのです。

ちなみに、他の季節にも土用はありますが
春の土用には、「戌の日」に「い」がつく食べ物を
秋の土用には、「辰の日」に「た」がつく食べ物を
冬の土用には、「未の日」に「ひ」がつく食べ物を
食べると良いとされています。

土用なら「丑の日にウナギ」という訳ではないので
注意してくださいね。

まとめ

秋になる立秋の前の18日が、夏の土用で
丑の日には「う」の食べ物を食べましょう。

平成27年は、7月24日と8月5日ですよ。

平賀源内さんが、ウナギ屋さんに助言して
それが由来して、ウナギを食べる風習が出来ました。

だけど、本来は「う」がつけばいいので
ウナギじゃなくても、うどんや梅干しでも大丈夫です。

ただ、季節ごとに土用に食べると良い食べ物が
違っているので、ご注意ください。

 - 夏のこと ,

  関連記事

error: Content is protected !!