まっぴーの幸せ生活スタイル

生活でのお役立ち情報を紹介します。

*

年末年始の定形外郵便は遅れやすい?日数の目安や対策は?

   

年末年始の定形外郵便は遅れやすい?日数の目安や対策は?
年末年始といえば年賀状。

郵便局は大忙しですよね。

だけど、
送りたい郵便物は
年賀状ばかりではありません

とくに仕事の書類など
重要な書類ならなおのこと
年末年始だって、同じように
送らなければいけませんよね

ただ、
通常とどのくらい違うのか
わかりにくいので、
説明していきたいと思います。

 

年末年始に定形外郵便はいつもより遅れやすい??

年末年始は年賀状の関係で
郵便局はアルバイトを増員しています。

通常より郵便物が増える上
臨時のアルバイトも仕分け作業をするので
通常より事故が多くなります。

なので、遅れることは
最初から考慮に入れて
どうするか考えた方がいいでしょう。

遅れるならまだしも
紛失や誤配達などの可能性も高くなるので
最悪、届かない場合もあることを
覚悟しておいた方がいいですよ!

定形外郵便の日数の目安は?

送る場所や投函時間によりますが、
通常なら1~5日が目安です。

日曜祝日は郵便局が休みなので
金曜日の午後に出したりすると
ちょっと日数がかかります。

年末年始は郵便局の繁忙期なので、
一週間くらいは見ておいた方が
いいと思います。

なので、投函してから
1週間以上しても届いていないなら
郵便事故で遅延や紛失が
あったのかもしれません。

郵便事故の対策はどうする?

年末年始に郵送すると
郵便事故になる可能性があるので、

なるべく郵便事故にならないような
方法で送るのをオススメします。

追跡番号がある方法で送る。

郵便に追加料金をかけて
追跡番号がある送り方ができます。

その方法は
特定記録と簡易書留です。

この方法なら追跡番号がつき
日本郵便のWebサイトなどで
現在どこの郵便局にあるか等
調べることができます。

特定記録と簡易書留の違いは
相手への渡し方が違います。

得手記録は、
相手の郵便受けに入れますが

簡易書留は
直接、家の人に渡してくれます。

不在の場合は宅急便のように
不在通知が郵便受けに残されます。

それと、
簡易書留には
5万円までの実損額の賠償があります。

簡易書留の方が
直接渡すので確実ですが、
不在の場合は手間になるので
嫌がられる場合もありますね。

料金も簡易書留の方が高いです。

その辺りを考慮して
どちらがいいか検討してみてください。

さらに別の方法では
保証はつきませんが追跡はできる
レターパックで送る方法もありますよ。

まとめ

年末年始は郵便事故の確率が高いです。

なるべくなら
早めに出すか、遅れて出すなど
避けた方が安全です。

どうしても回避できない場合には
なるべく安全な方法をオススメします!

 - 豆知識 , ,

  関連記事

error: Content is protected !!